世紀末微懐メロ伝説その25。

Unexplained EPSearch and Destroy
EMF
Unexplained EP [1992]

 セカンドアルバムからの先行シングルGetting Throughのカップリングからイギーポップのカバー。わずかにレッチリのカバーに先回りされたりしているのだけれど、どっこいこちらも負けてません。
 ちなみにレッチリとは異なり本邦ではEPリリースされず(当時既にEMF自体見離されてたような気が)、Stigmaのボーナストラックとして収録されました。


 ところでSchubert DipのボーナストラックだったStrange Brewのカバーでもそうだったのですが、どうも私はEMFをエレクトリック・ポップとして評価することができてないようです。
 確かに最大のヒット曲であるUnbelievableだけ聴くと「ああシャーラタンズ」とか「ああジーザスジョーンズ」とか言われるのも納得できないではないし、StigmaでもCha Cha Chaでも「そっち方面に対するコンプレックス」みたいなものが散見されて徐々に興味を失って行ったのは確かなんですが……。
 やっぱりね、ファーストの躍動感やカバーのセレクションはフェイクだと思えないのですよ。もしかしたら「その時々に気に入ってる物をそのまま吐きだしてるだけ」なのかもしれませんけど。いや、きっとそうなんだろうけど。そのセンスを信じたい。

Pocket