世紀末微懐メロ伝説その29。

12 Inches of SnowInformer
SNOW
12 Inches of Snow [1993]

 兄貴ボンボン・だー。
 まあ一発屋と呼んで概ね問題なさそうな、FM802でヘビーローテーションにならなかったら間違いなくスルーしてたであろう


 今回のシリーズで(オリジナル音源が)手元に残ってないものを継続的に探していたりするのですが、CD屋でもレンタル屋でもまあ大抵の場合「ロック・ポピュラー」のコーナーで見つかるわけですよ。ちょっと外れても「ヘビメタ」とか「ソウル」とか「ジャズ」までで。さすがにレゲエコーナーまで探訪したのはこいつだけでした。
 んで、初めてアルバム通しで聴いてみると実はそこそこいい感じ。レゲエやラップの嫌味ったらしさよりも、むしろ80年代後半のUKエレポップを思い起こさせるアレンジが隠れた名盤ぽいかも。
 微妙にStevie Bやジョニーギルあたりの黒モノとも共通点を感じてしまったりして掘り出し成功って感じ。いやまったく今さらではあるのですが。

Pocket