エロエロ妖怪。

 最終回と気付かぬまま「ふたつのスピカ」が終わり、肩すかし気味に「フタコイオルタナティヴ」が終わり、知らぬ間に「ラブレス」が終わり。さーて開いた予約に何を入れるかと思ったのだが先にも書いたとおりアチコチ地雷臭で定まらないうちに幾つかはスタートしてしまった。
 あーもうめんどくさい、ということで曜日の近い順に適当に入れたところ昨晩録画されていたのがこの「ぺとぺとさん」。例によって予備知識さっぱりの状態で見たのだけど思いの外にマターリできたり。
 最近ほんにゃら関西弁は流行ですか? まあ私は真性「おにゃのこ関西弁」萌えなんで(関西弁おにゃのこ萌え、じゃないところが微妙)ぜんぜん構わんのですが。キッツイ言葉に比べると非ネイティブの不自然さが許容される範囲も広いし。
 とみながまりとか本橋秀之とかさねよしいさ子とか妙に懐かしい名前が並んでいて苦笑しつつ、第一話としては絶妙なまとまり方に次回以降への期待が否応なしに高まったりしてしまうのでした。
 10分遅れで尻切れトンボだった「カミチュー」じゃないわ「かみちゅ!」とは似たような空気を目指しつつ好対照な仕上がりだなあ、とかも。オサーン、コチラの作品からは滲み出る媚びを感じ取ってしまった模様。
 あー、RODとかおねがい方面のスタッフですか。なんとなーく理解。

Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする