アーカイブ

2001年11月12日は月曜日。

QXのアイコン

 アップデートするするといいつつ放置されているオフィス風QXアイコンだが、一応16ドットのリソース内蔵に向けた準備は終わっていたりする。
 問題は、それらアイコンファイルのタイムスタンプが去年の3月だということだろう。丸一年半ノータッチってなんだかもう。
 16ドットリソースと32ドットリソースを別のDLLで指定できたら、もうちょっと敷居が低いのかしらと思ったりした。32ドットアイコン使わない人とかいるだろうし、実際わし自身もアイコンの間隔がもう1ドット広かったら小さいアイコンだけで十分だったりする。さらにいうとQXはアイコンをDLL化せずとも、キー定義ファイルを編集することでツールバー&メニューアイコンが直接設定できる。つまりコンフィグマニアは現状全然コマっておらず、したがってリソースもバラバラのままで放置されているというわけだ。
 実は既に大きいアイコン用の追加文字リソースも一枚物のビットマップで用意されていたりするのだが、現状でも標準機能に割り当てるべきアイコンが不足していたりして(自分がよく使うマクロなどのアイコンを優先的に用意してきていたせい)、最低限何を用意する必要があるのか調べるのが先。その後、微調整&カットペースト&Q-ICON Makerでのマージとなる。ただ、今はそれをやる気が起きない。単にヘタレてるだけなのだが。
 現在、私のPCライフはDonutsRDatulamamimiWWWCQXで概ね完結する(「製品」であるWindows+IEとATOKは除く)。そのうち最もリスペクトしているのは間違いなくQXだ。自分内ランキングではLHAに次いで二番目にお世話になっているオンラインソフトであり、正直なところ代替アプリも思いつかない。そんなQXユーザの裾野拡大に僅かでも寄与できるのであれば精一杯の努力をしたいとは思うのだが……スイッチが入ればすぐだとは思う。思いたい。ああっ。
 結局なにが言いたかったのかよくわからないが、とりあえず既出分のアップデートは早々に何とかしよう。つーか、した。今。

しかし、今思ったのだが

 QXへの依存も腱鞘炎悪化には一役買っていそうだ(笑)
 いや、マウスに手を伸ばしたくなくなる要因のひとつという意味で。
 とりあえずメニューやウィンドウの操作をキーボードでやらないようになったら随分良くなりそうだはー。できることならAltキー禁止令。

リファ繋がりで

 飛んでみたら1日分に反応していただいてたようで亀レス。ちなみに私は妹属性無いのでそっち繋がりではありません(笑)
 そーなんですよね。謎は謎のまま>タンク増量
 昔々乗ってた単車はメインコックが死んでて常にリザーブ状態だったりしたんですが(ぉぃ)、今のはそんなこともないし。
 最近は通勤ぐらいでしか乗ってないので給油タイミング広がっちゃってますが、今週末あたり気合い入れて走って様子を見てみようかしらん。

風邪

 っぽい(某漫画タイトルとは無関係)。
 そろそろ毛布出そう。あと冬パジャマも。

関連記事:

Pocket

Sidebar