アーカイブ

航空情報別冊 日本陸軍戦闘機隊 付・エース列伝。

航空情報別冊 日本陸軍戦闘機隊 付・エース列伝 古書マニア絶版マニアではないから、プレミアがつくような本には手を出さないという自分内ルールがあったとかなかったとか。
 なのになぜ、中身もよくわからない本をコンディションも確認できないネット通販で定価の3倍近い値段で購入したかというと、20年前に死んだじいちゃんの話が載ってるらしいというお話から。

 予想より小さな判型で、予想より分厚い本。ミリネタに没頭していた高校時代ならともかく、もはや第Ⅰ部の「戦闘機隊史」を読み込むことはあるまい。「エース列伝」の1ページを割いた武勇伝には、特に目新しいこともない。すべては伝手で聞いていたことの再確認だった。

 正月にケース入りの勲章を持って酒を飲んでいたじいちゃん。腰を折って店の前の吸い殻を掃除していたじいちゃん。各務原の基地祭や地元テレビの特番に引っ張り出されていたじいちゃん。妻、そして昭和天皇の後を追うように此岸を去った元職業軍人のじいちゃん。それらを自分の中で統合できないまま縁は失われてしまったけれど、こうして手元に記録があると変な安心をしてしまう。人間って簡単なんだなあ、と思う。

関連記事:

Pocket

Sidebar