アーカイブ

新調して1年と4ヶ月になる

Fatal Exception CLIE PEG-SJ33だが、一年半のニート暮らしでは有効に活用することもなかった。月に一度ぐらいの頻度でメモリースティックウォークマン化するか、あとはもうラーメンタイマー風呂タイマーぐらいなもの。以前は真っ黒だったKsDateBookの月間予定表も2004年はすっからかんで、整理更新されない住所録は見れば嫌な記憶しか呼び覚まさないからハードボタン登録を外してしまっていた。
 でもやっぱり仕事を始めると稼働率はババンと上昇するわけで、しかも現状パソコンが支給されてない状態だからメモ帳にはGraffitiでガリガリ書き込みが増えていく。通勤も座れる電車の30分だから128MBのメモリースティックは往復にちょうどいい。
 そんなわけで半分ホコリを被っていた状態からいきなり酷使したせいでもないんだろうけど、復帰5日目にしてついに機嫌を損ねた模様。
 AudioControlDAのMP3再生でトラックジャンプするとFatal Exception、PsDBでCSV書き込みするとFatal Error、Graffitiエリアの反応もN700Cの初期ロットみたいな反応の悪さ。
 もしかしてアレですか。
 例の。
 なんとかタイマー。
 今世紀入ってから買ったSONY製品で無事なのはサイバーショットU10だけだ。思えば90年代の製品もそれ以前の「パーツ保証期間を越えても平気で動いた」のに比べるとヤワだった。
 それでも3年ぐらいは余裕で耐えたものだが、VAIO LX82はきっちり購入から1年4ヶ月後に死んだ。なんだかな
SONY CLIE PEG-TH55-B (エグゼブラック) ちょうど昨日友人が「動画ビューワとしてのTH55ってどうよ? PSPって無用にでかいし」みたいなメールを寄越してきていた。もちろん深く考えることもなく気軽に背中を押したのだった。自分はGraffiti-1から離れられないから乗り換える気なんてさらさらないのに。
 そのへんで機嫌を損ねましたか。それとも今朝リナザウにAirEdge刺してる兄ちゃんを少しだけ羨ましいと思ったのがバレバレでしたか。天網恢々疎にして漏らさぬSONYの神様。
 あーちくしょう。
 ショップの延長保証書がみつかんねえ。
 N700Cの時と同じ事してんじゃないよ俺も。

関連記事:

Pocket

Sidebar