アーカイブ

文庫カバーは。

 読んでる最中は欲しいけど、読み終わったら捨てる人。
 だから在庫は常に「持ち出す可能性があって、かつ今も読んでる本」の分しかない。
 ところがしばらく前、すげえ(日本語の)読みづらい本にぶち当たってから読書習慣がパタリと止んでしまっていた。正確には「文庫の雑食習慣」に限定されるけど。
 そして久しぶりに買った新書を半日で読んだのが呼び水となったか、その読みづらかった文庫と同時に買った2冊にも手を出して読書通勤が復活したわけだ。
 しかしカバーがない。革のヤツはゴツくて嫌い。やっぱペラペラの「いかにも本屋で付けてもらいました」的カバーがいいんですよ。カラー表紙カバーの裏返しや本体むき出しなんて論外。
 つーわけで急遽自作。レトラのA4マーカーパッドにインクジェット。
 サイトトップのロゴバックを背景パターンに、「注意して見なけりゃそれとわからない」程度のURLを変態フォントでさらり。遠目には大手じゃないそのへんの本屋で付けてもらったみたいな感じに見えね?
カバーロゴ 自作カバー ……インクが擦れて手が青色に_| ̄|○

関連記事:

Pocket

Sidebar