アーカイブ

メガデス@なんばhatchセットリスト。

 なんかいっぱい出ました。オープニングアクトのパパローチも(PAが不調で可哀想ではあったけど)大満足。

  1. Set the World Afire
    from “So Far, So Good…So What!” [1988]
  2. Wake Up Dead
    from “Peace Sells…But Who’s Buying?” [1986]
  3. Hangar 18
    from “Rust in Peace” [1990]
  4. Skin O’My Teeth
    from “Countdown to Extinction” [1992]
  5. Head Crusher
    from “Endgame” [2009]
  6. She-Wolf
    from “Cryptic Writings” [1997]
  7. In My Darkest Hour
    from “So Far…So Good…So What!” [1988]
  8. Tornado of Souls
    from “Rust in Peace” [1990]
  9. 1,320′
    from “Endgame” [2009]
  10. Devil’s Island
    from “Peace Sells…But Who’s Buying?” [1986]
  11. Kick the Chair
    from “The System Has Failed” [2004]
  12. Sweating Bullets
    from “Countdown to Extinction” [1992]
  13. Take No Prisoner
    from “Rust in Peace” [1990]
  14. Rattlehead
    from “Killing is My Business…and Business is Good!” [1985]
  15. Peace Sells
    from “Peace Sells…But Who’s Buying?” [1986]
  16. Holy Wars…The Punishment Due
    from “Rust in Peace” [1990]
  17. [Encore] Symphony of Destruction (feat. Akira Takasaki)
    from “Countdown to Extinction” [1992]

 あれ?
 YouthanasiaRiskThe World Needs a Heroから無いのはまあアリそうな話だけど、実はUnited Abominationsの曲も無かったのね。

 概ね日本デビュー盤から全盛期まで(2nd~5th)を中心とした構成で、新譜出したばかりと考えるとオサーン的には嬉しい誤算。そのEndgameからの2曲以外はほぼシンガロング状態で、周りの人にはご迷惑をおかけしました。謹んで以下略。


 そういえばショーン@同い年のバスドラは大魔王っぽい人からヴィック君になってました。あとやっぱりロメンゾ氏はヒゲ生やさない方がいいと思います。せっかく50歳代とは思えない若作りなのに(@Blood in the Water – Live in San Diego)。BBからAttitudeへのスイッチはYAMAHAヲタとしてニヤつくしかありません。これでピックアップ構成やステージアクションがビリーっぽいとか言われても気にならない(そもそも論的に)。クリスブは慣れました。クリスポは戻ってこないだろうし。

 大佐の美しさは言うまでもなく。つーかここへきて声キタよなあ。90年前後のライブ音源はどれも泣きそうな状態だったのに。

 おまけ:意外に(普通っぽい)おにゃのこが多かったです。場所柄か。

 mixi(←公式)で当日のアンコール録音が紹介されてたのでペタリ。

関連記事:

Pocket

Sidebar