アーカイブ

1999年2月19日(金)の○と×

今日の○

ネスケって…未参照のアンカーリンクはページ内でも未読扱いなのか!
(日本語版 Navigator 4.04 にて確認)
さてこの場合、どっちが正しいんだろう?
とりあえずオレ的にはネスケの方が有り難いが(はじめて行ったサイトのトップページが既読リンクばっかりってのもちょっと間抜けだし)、けど確かにブラウザは表示してるからな。そのページ。
意見求む…って、オレに言ったところで何も変わらんが。

今日のX

WEBを巡回して、ブラウザの幅いっぱいに拡がったテキストを読むのに疲れたという人は多いと思います。だからWWWではテーブルを使ったレイアウトが広く使われていますが、ページ全体を評価し終わるまで表示が待たされるという致命的な問題があります。
Internet Explorer 5.0 ではテーブルの出現順に逐次表示を行い、全体を読み終わった段階で改めて再評価するという手法を取り入れたおかげで、もともとアドバンテージのあったテーブル表示のスピードに磨きが掛かっています。
でもやっぱり重い。
今考えたのがフレームを使用したレイアウト。メインフレーム以外はマージン用のダミーで、中心にレイアウトしたメインフレームだけ幅を指定します。フレームセットでは中心に固定値480ピクセルをとり、ダミーフレームは両脇に50%ずつで表示されるようにします。
これだとブラウザ側にとってはプレーンなHTMLを評価するのと同じですから、フレームの再読み込みをしない限りかなりの速度が保証されます。
やってみた。
気付よオレ
スクロールバーは当然メインフレームに表れます。そりゃ誰もやらないわけだ。
やっぱり眠い頭で思いつくのはロクでもないことばかり。

関連記事:

Pocket

Sidebar