アーカイブ

1999年5月29日(土)の○と×

エアコンが来た

 職人ぽいオッチャンと、見習いらしき兄ちゃん。
 気むずかしいという意味じゃなくてきっちりと仕事しそうだという意味。助手をしている兄ちゃんの手際が少々悪くても怒鳴りつけたりしないで丁寧に教えていた。
 こういうのは見てて微笑ましいし、こっちもイライラしない。

カーテンが来た

 実はここ数日、朝の目覚めが異様に早かった。
 健康的な生活をしていたわけでは無くて、部屋が無闇に日当たり良いので6時ぐらいになると眩しくて目が醒めてしまう、というのが真相。
 正直今回ので懲りたので、遮光性の高いヤツを奮発した。ついでに消臭機能とかも付いてるみたい。まあ丸洗いできれば何でも一緒。

壁のリフォームも来た

 クロスの張り替え後に入居したのだが、すでに剥離を起こしている箇所が幾つか。退去時に難癖付けられてはかなわんので、速攻不動産屋と交渉して業者にやり直しさせる。
 「午前に行きますー」と言ってたのだが(本当に語尾伸ばしてんだわ)、結局遅れて午後。やってきた2人を見て何となく納得。
 もう見るからに学生バイトって感じ。それもガテン系じゃなくて専学とか大学の工学部とかでカジってる系の。
 1人は割とマトモだったが、もう片方は完全に自分の世界に入ってしまって、壁のクロスを見て同じ事をブツブツ繰り返すだけ。どうやら彼らが施工したわけじゃないらしく、多少のアキれも入っている。
 けどね。君たちだって施工業者として来てるんだから、欠陥工事へクレームを言ってきた客に「オレがやったんじゃねーもん」なんて態度をチラリとでも見せてしまうのはマズイよ。誰しもオレみたいに温厚とは限らない。直接上にねじ込んだりするのなんて、極々普通にある話。
 しかも結局道具が足りなくて、また来週。たのむぜ若者

シカオちん

 そういや彼も同い年だったっけ。身につまされる歌詞だよ。
 さすがリーマンソングライター
…そして東京へ
 上京は3年前の研修以来。オフ会というものも去年のGW以来。
 今回仕事に絡めたりできなかったので、スケジュール的にも金銭的にも結構きつかったりする。
 某知り合い曰く、「ハードかつ割高な飲み会ですね」…確かに。

関連記事:

Pocket

Sidebar