アーカイブ

2004年1月17日(土)の日記

なにをどう間違えたか

 浜崎あゆみのAYU Ready?という番組を見たら、バービーのエンリケと野村のよっちゃんが浜崎のバックバンドやってた。
 正直、かなりショック。

姉と甥が

 従妹夫婦宅@吹田を襲撃中。年末はジッカ方面で入れ替わりだったこともあり三宮にて晩飯なぞ。
 でも結構混んでそう。まだヘリコ飛んでるしー。

コナミ・タカラ、新商品を合同発表

 スティック型ドラムマシンのWE LOVE DRUMは楽しそう。
 最近この手の打楽器オモチャが減ってる気がするの。

SONY VAIO HX

 VAIO HSの後継機種レビュー。
 ひょっとしてとうとう液晶ペンタブ廃止ですか?(;´Д`)
 Tablet PCもしくはCintiqを買えと? 泣くぞ。

こうして頑張って5時まで起きているわけだが

 さて、東遊園地へはチャリで行くか阪神電車にするか。
 寒いけど地下を往くのはなんとなく厭な感じ。

バッタもんとパチもん

 全部カタカナにしたらポケモンと間違えそうになったので後半ひらがな。
 バッタモン=パチモンとしているのが意外と多く、相違点を記したものもその見地はまちまちだったりして疑問は解消しない。
 関西在住15年を経過した非関西人のワタクシ、使い分けの現状はこんな感じで。

『パチもん』
 『粗悪コピー』。ネタをパチった商品。模倣は高額商品に限らない。本家とそこそこいい勝負の値札。騙されて、あるいはオリジナルを知らずに買う。
『バッタもん』
 『出所の怪しげな商品』。大抵は皮革製品。値札は本家より大幅に安い。「類似の廉価品」を含むが低品質とは限らない。納得して買う。

 「真似してなくても粗悪であればパチもん」とか「放出・流出品=バッタもん」という論も聞くが、ニュアンス的には上のような感じで使っている。だからバッタもんという言葉の利用頻度はパチもんよりかなり低い。
 でも「同義ではない」という認識までで止まってるっぽいな。

関連記事:

Pocket

Sidebar