2005年3月5日(土)の日記

今日のサイバー懐メロCR-X

Part Time Lover
STEVIE WONDER
“In Square Circle” [1985]

 アクのカケラもないこの曲を持ってくるのはどうかと(むしろOverjoyedではねーのか、とか)思うけれどバカ売れしたのも確かなので。
 音づくりもまああっさりとしたもので、振り返って同時代の曲を聞き比べると当時の盛り上がり方がまあウソのよう。まあヴォーカルとしてのパフォーマンスは曇りもしないんだけど、ただそれだけっつーか。
 思いこみも多分にあるとは思うけど同じ80年代中盤でも大きな波が存在するのだなあ、なんて。

トナミユマ。

 ふみゅ~ん終了。
 いつ「たかあきの分際でこのUMAちゃん様にたてつこうなんてちょーなまいきなのよ!」とか言いだすかと楽しみにしてましたが……いや、似たようなセリフは連発してたか。
 イベントCGも含めて破綻がなかったのはこいつとこのみぐらいかな? 委員長ですら微妙なカットがあったし。
 でも細かな演出で「うわー台無し」というのが3箇所ほどあったのが残念。セリフとか絵とかのパーツじゃなくて画面構成の基本的な部分で。見落としといっていい水準の失敗だと思う、アレは。
 劇中テーマは思わせぶりな割にやや肩すかし気味、さらに当初の期待とはまるっきり違う方向のシナリオでしたが、それでも十分楽しめました。たぶんそれは今作の中で異彩を放つほどしっかり東鳩らしいオハナシだったから、かな。委員長もいい味出してたし。
 さてー。これで一応終わったか。
 続けて「その他CG」のコンプ情報を探すことに。
 ……あっという間に終わった。雄二とコンプ記念だけか_| ̄|○

バスなびKansai

 株式会社ナビットが運営する携帯対応のバス時刻表&乗り換え案内サイト。
 京阪神地区の主なバス事業者9社局の路線に対応。

神戸のタウン誌が続けて休刊

 神戸新聞。

 神戸の別のタウン誌「月刊神戸っ子」は経営破たんで休刊している。

 そうだったのかー。
 「神戸っ子」の方は学生時代にバイト先とかで結構マメに読んでたな……。

秀丸5.0β1

 あちこち経由。最初に見たのは2chのQXスレだっけか。
 というわけですみませんSUZUNEさん、あまり気にしてませんでした(つД`)
 もうそんなになりますかねえ。サイト構築した頃はまだakira32@goldからQXに乗り換えたばっかり(まだ微妙に手に馴染んでない状態)だったんですが、秀丸は既に手放していたような気がします。そもそも乗り換えの理由が秀丸への不満だったわけで、たとえQXが駄目でもakira/DinoやEmEditor Freeで我慢するつもりでばっさりと切り捨て。
 それ以降、本気で乗り換えを検討したエディタは皆無かな。並行利用が面倒なのはわかりきってるので、UTF-8用にTeraPadが導入してあるぐらい。
 新QXもUTF-8対応と文字数制限の緩和以外にはあまり興味がなかったりして。もちろん来月1日は楽しみに待ってますけどね。イベントとして。

ヒメユリサンゴ。ヒメユリルリ。

 最初にやるつもりだったのをよーやっと終了。
 他のキャラもそうなんですが予備知識薄かったもんでサプライズにはそこそこ敏感に反応できました。いい客だ(えー)
 ネタバレあるけどもう面倒なのでそのまま。時期的にももうよかろ。
 このみタマ姉の絡み方にちょっと違和感が。でもこれが無いと通して「家族的なもの」が核になっている今作ではシナリオごとの排他性が強くなりすぎるから仕方ないのかな。逆にクラス内でのアレコレ(吊し上げetc)に委員長が絡んでこないのにもちょっと疑問符。蛇足という人も多かろうけど小ネタの積み重ねが日常でもあるわけで個人的な感想としては欲しかったかな、と。詰め込みすぎのこのシナリオでは難しいでしょうけど。
 関西のメーカーが出す商品としてこの関西弁はどうなんだろう。声優の演技以前にテキストが変。さんちゃんはほんわか喋りでそこそこ耐えてるのに対し、まくしたてて来てるはずの瑠璃ちゃんが「遅くてヘン」なのがツライ。せめてもう少し会話なりの速度で喋ってもらえんことには。
 それと関西人であることを活かしたネタが欲しかったかな。例えば「そっ、そんなんフェ○ゲで何べんも乗ってるもん!」とか。不自由軒とか牛がデフォあたりで我慢か。
 全編通して小学生としか見えないつくりは正直東鳩でやらんでも……と思ったりもしましたが口元緩みっぱなしだったのもまた事実。そのあたりの印象は後半に偏らせてあるネタの配分状況に拠るところ大、なのかもしれません。どうやって終わるんかいなと思ってから長い長い。
 ロボ関連についてはさすがに語られ尽くした後のとりまとめだけあってこんなもんでしょう。論として先に繋がる要素を感じづらいのも“まとめ”なら当然。たたみかけるような17aの説明セリフは「そろそろ終わりにさせてくれ」というメッセージにも思えました。だからSS三本立てシナリオなんて言わない。
 さて、残すはUMA。いいんちょとどう絡めてくるのか。
 志保を中心にして前作の世界を認識した私としては、彼女が今作の評価を左右してくれるのを結構期待してたりします。どーなることやら。

Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする