世紀末微懐メロ伝説その9。

DoubtReal, Real, Real
JESUS JONES
“Doubt” [1991]

 CATVで見たネガドンは普通に面白かったです。スターレックはまだ落としてません(挨拶)。
 当時妙に盛り上がったのは何だったんだろう、と思うアーチストは数多くいたりしますがコイツらも私にとっちゃそのなかの一員。Right Here, Right Nowはまだなんとなくわかったけどこの曲に関してはPV含めてまったく謎でした。

 そういえばTHE STONE ROSESも「憧れられたい」はじぇんじぇんピンと来なかったのだけど、あれは時間を置いて聴いたらなんとなくハマったんだった。イアンがピンになってからはむしろ好みになってしまっているんだけど、これは今でもダメだなー。

 あまり関係ないが、これまた当時妙にウケていたツルモク独身寮の中にちょこっと落書きで出てきてた記憶。相変わらずつまんねーこと覚えてんな俺。

 「年でまとめてアルバム名順」というフォーマットでやってきたこのシリーズですが、可能な範囲でリリース日も考慮した順番に変更します(これまでのは勘弁な)。やっぱ年のはじめとおわりでは全然違うし、自分の記憶も辿りやすくなるんじゃないかな、と。問題は全アルバムにその情報が付与できるかどうかわからないことと、「そもそも先行シングルとか後おっかけとかでタイミングずれてるし意味ねえじゃん」というツッコミに対して返す言葉がないことですな。

Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする