世紀末微懐メロ伝説その11。

Time, Love & Tenderness / Michael BoltomLove is a Wonderful Thing
MICHAEL BOLTON
“Time, Love & Tenderness” [1991]

 盗作疑惑なんて全然知らなかったのはそれぐらいどーでもよかった証明だったりするのだろうか。いや、振り返ればそれ以前に「何かのカバーだろうなあ」とか思ってたような気が……。

 まさしくカバーの(6)よりも当時のエアプレイは多かったように思うんだけど、なぜか異様に情報が少なかったりベストに入ってなかったりするのはそのへんの事情だったのですね。レンタルCD屋でも全然見つかんねーし、音源として確保するのは今後とも難しいのかしら。なんか悔しい。彼の曲でもう一度聴こうという気になるのはこの曲ぐらいなのに。

Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする