アーカイブ

YouTube用のIE右クリック拡張。

 もともとYouTubeはひとときの祭りとして楽しむつもりでいたのだけど、予想外にレアで懐かしいPVがガシガシ登録されているとつい魅入られてしまう。そして(こちらは予想通りだが)登録したプレイリストからみるみるビデオが消えていく状況を目の当たりにするとつい「くっ、確保せんとアカンのか」という気になってしまうのだ。きりがないからダウンロードには手を付けないでいようと思ってたんだけどな。
 本当はバッチ処理、あるいは逐次処理が可能なダウンローダへのエクスポート機能を持たせたいんだけど、どうもYouTubeのセッション管理の関係から容易には実現できそうにない。というわけでわずかながらでも作業を簡単にする方向で着手。
 原作はこちら。

YouTubeの動画のダウンロード用URLを表示するBookmarkletのplayer2対応版

 タブブラウザを使っていることもあってブックマークレットは好かん。
 だから何をするにもMenuExt書いて右クリック登録しちゃう。
 unDonutのプラグインにすればいいのだろうけど、「広く使ってもらおう」という気がない(むしろ他人のアレコレを自分の環境に合わせて書き換えてる)し、プラグインの書き方覚えるぐらいならFirefox拡張の方が優先かも、などと惑ってもいるので踏み込めないでいる。Firefox嫌いなくせに自分への言い訳には使うんだ。やらしいな。
 ちなみに機能は元のブックマークレットとほぼ同じで、付け加えたことといえばビデオの名前を拡張子付きでクリップボードに入れるようにしたことぐらい。こういう姑息なKAIZENは大好き。
 でもさっくり移植できたかと思ったらDOMまわりの挙動の違いを把握し切れてなかったようで、結局デバッグに5時間ぐらい掛かってたりして。どうせYouTubeのJavaScript入れ替えで速攻使えなくなるのわかってるのになぜこうまで必死ですか私。
 というわけでまずは手抜きの導入解説。

  1. youtube_dl.zipを適当な場所にダウンロード
  2. 解凍して中身のyoutube_dl.htmlをWINDOWS→WEBフォルダ内にコピー
  3. IE MenuExtあるいはREGEDIT等を利用して登録
    ※イベントは「通常時」、名前は適当に。キーは多分Tだと被らない

 んで、どうなるかというとだ。

  1. YouTubeでビデオを表示している際に右クリックから実行
  2. 左上のYouTubeロゴがDOWNLOADアンカーに変わるので右クリック→対象をファイルに保存
  3. ビデオの名前がクリップボードに入っているので、ダイアログに貼り付けて保存

 さすれば拡張子FLVのFlash Videoがお手元に。
 FlashVideoの再生方法などは自分でぐぐっておくれ。ちょっと前だとFLV PlayerMedia Player Classicなどが定番だったと思う。
 「そこまで面倒したくねえ」という普通の人は元ネタのブックマークレット、あるいはトランスコード機能まで付いたサービスなんかを御利用になってくださいな。あくまでタブブラウザでリンクから新しいタブを開く設定にしている人向けのマイナーネタでありんす。

関連記事:

Pocket

Sidebar