アーカイブ

クールビズ

クールビズ考。

 巻き込まれてるのでちょっと考えねばと。  一番多いのがこのパターン。  単にネクタイ外しただけの、いうなれば「ルーズビズ」。通勤時に羽織る上着とのバランスが最低だなあと思いつつ、内ポケットには色々なものが入っているので… read more »

クールビズ考その2。

 ノータイ族に次いで多いのがこれ。  汗吸うし下着減らせるし無難だし、と別にクールビズ関係なくカジュアルデー御用達の超定番。しかし鹿の子織りのビビッドカラー以外だととことんオサーン臭くなってしまう可能性も否定できない諸刃… read more »

クールビズ考その3。

 クールビズが行政率先(主導じゃないのがポイント)で進められていることを考慮するならこいつも外せない。胸ポケットの三スケが外せないように。  現業に限らず庁内でも土木建設部署を中心に広く着られているこの作業服というのは(… read more »

クールビズ考その4。

「やめてよね。オッサンが僕にかなうはずないだろ」  出たな小僧。  いまやジャークロ(ジャージ・ユニクロ)世代がファッションを語る時代。黒服やピンストライプを見てもホストと勘違いしてはいけません。あれは上司に不幸があった… read more »

クールビズ考その5。

「夏の公務員つったら普通コレだろう?」  違うと思います。  でもまあGTAのおかげでリバイバルしてますね。  よかったなオッサン。 「オッサンじゃないっ!」  仕事も適当にみんなが待ってる店までハリアップを夢見ながら就… read more »

クールビズ考その6。

 ガイドラインというほどでもないけれど環境省の特設サイトとかには実例が幾つか出ている。  それに対して「こういう小手先の対応だけ例示するからそれ以外のスタイルがやりづらくなるんだよ!」とか、「こういうの書いてなかったら例… read more »

クールビズ考その7。

 一応は議会も率先してクールビズ推進のはずなんですが、偉いさんの中にはなかなか踏み切れない人も散見されます。実際ノータイや上着なしの議員さんは若手を中心に増えてきてると思うんですが、そういうのも地域によるんでしょうなあ。… read more »

クールビズ考その8。

 全般にそうだとも言えますが、特に地元の役所へ(コネで)トコロテン式に入ってきた子とかにはやたらマイペースなのがいますなあ。仕事にしてもカッコにしても。  きっと職場という意識もあまりなくて学校や家庭の延長だったりするん… read more »

Sidebar