タグ別アーカイブ: 神戸

2004年1月7日(水)の日記

ここんとこずっと繰り返し聴いているのが

 Palm Reader – Third Eye Blind (from “Out of the vein) [official/amazon]。
 アルバム付録のDVDにもちょこっとメイキング映像があったりするので、「これでZire21のTVスポットCFなんか作ったら面白いだろーなー」などと妄想が。

 まあそれとは関係なしに3EB節出しまくりの佳曲だしアルバムも捨て曲レスなので、このへんのリストにカスったりした人はぜひドゾー。でも最近音楽はますます「どういう人に何と言って勧めたらいいのか」わかんなくなってるな。

そういえば神戸に戻ってこれたのに

 生田神社へ初詣してへんな。
 去年の新年オフで引いたおみくじは個人的によかったと思える内容で大当たりだったし、とっとと礼を言いに行かねばー。

ちょっとぶりに髪を巻いた

 でも色抜く根性はなかった模様。

iPod mini

 通常の15GBなiPodが$299.00→31,800円。今回のminiが$249.00ってことは26,800~27,800円ってとこかな? Muvo2Rio NITRUSに比べればパッと見アドバンテージがありそうだが、ドックとリモコンで8,000円ぐらいの上乗せを考えるといい勝負なのかも。

qwikWeb

 hard で loxse な 日々経由にて。

 自分の関連MLはこれまでFreeMLで1件、simalisのローカル鯖で2件、eGroupsで3件、QuickMLで2件を運営してきたわけだが、QuickMLの2件についてはコレに移行していけたらいいなあ、と。

みんなで使おっけ岐阜のことば

 ジッカ方面の本屋でと一緒に平積み。既に岐阜弁を操れなくなってから久しいが、これで復習すべきか。

 「だだくさ(いいかげん)」とか「かんこうせな(工夫しなきゃ)」とか「ぼえ(追え)」とか、断片的には覚えてるんだがなー。

パラサイトヒッキーより復帰

 一週間も帰ってたのはさすがに学生時代以来であるよ。

 年末は恒例の大学方面な忘年会だったのでレアキャラ総出演の飲み会には出られず、割と例年の面子が中心な2日のみ参加。

 年賀状&年賀メールはPING出しまくった効果アリで懐かしい方々から生存報告が続々来たり。というか「生きとったんか」という反応ばかりでしたが(つД`)

震源地近くの日常。

 空気読まずに医者行ってきました@神戸市中央区。
 5度6分という変温動物らしさ全開の平熱ですけど。

 週末の雨で冷えたのか悪寒と頭痛が引かないので徒歩5分のかかりつけ医にダッシュ。センセから看護師さんから処方してくれた薬局の姉ちゃんからことごとく「よかったですねえ」と。
 ま、体力落ちると冗談じゃなくなる可能性があるので大人しくしますかねえ。近所も沿線もある意味手遅れな場所なので、身体の方でリジェクトするしかないですわよ。

 ちなみに職場はさすがに張りつめておりました。向かいの小学校の「現在休業中」の文字にパニック感をみたりして。そんじゃ普段は「営業中」なのだな。

時事ネタ疎いにもほどがある。

 時事ネタつーか周辺の状況つーか。

 19日午前4時20分ごろ、神戸市中央区脇浜町3、コンビニ「デイリーヤマザキ神戸春日野道店」に男が押し入り、男性店員(44)に包丁のような刃物を突き付け「金を出せ」と脅した。男はレジから約18万5000円を奪って逃走。男性店員が男の刃物をつかもうとして右手を切るけがをした。

 最寄りだし。常用だし。その3時間後にウィダーインゼリーマルチビタミンとKENTサラウンド買いに入ってるし。ぜんぜん気付かんかったわ。

 もともと葺合という場所自体が決してガラのいい場所ではなく、越してきて3年ぐらいは数ヶ月ごとに流血沙汰で警察わらわらなんて状況ではあった。それでも最近はすこし静かだったように思うんだが。

 そういやこの数ヶ月、近所のコンビニ群で外人店員率が異様に高まってきてるなあ。なにかあるのかしら。ドキドキしよ。

 ここ一週間ほどやたら「事故・事件」が頻発してるのはみなさんお疲れの時期だからかしら、と敢えて景気の悪さを忘れてみるテスト。まだ給付金処理してないよー。

みかけはこわゐがとんだいゝひとだ。

 久しぶりに土日まるごと休みということで、企画展「だまし絵 – Visual Deception – アルチンボルドからマグリット、ダリ、エッシャーへ」を観にHAT神戸の兵庫県立美術博物館までお出かけ。

遊びの博物誌 坂根厳夫さんの遊びの博物誌にモロ影響を受けて中学一年の自由研究が「錯覚」だったワタクシとしては、生徒手帳や授業ノートのあちこちをだまし絵で埋めていたローティーン時代を回顧できるものと若干の期待もしたりしたのですがー。

 長蛇の列はある程度覚悟していたからしょうがないとしても、だまし絵というタイトルが逆によくなかったか。普通に連想するエッシャーとか本記事タイトルあたりの展示はあまり多くなくて、そうしたジャンルとして確立するまでを体系として見せるのが目的っぽい。といいながら収集範囲が広いという感じでもなく、客層どこやねんみたいな印象。すこーし残念。学芸員の解説日だったらまた少し感想も違っていただろうか。

幻獣辞典 遊びの博物誌はその後続編も含めて文庫になっているのだなあ。大型本のインパクトは薄れてしまっているのだろうけど、久しぶりに読んでみたくなった。そういえば 安野光雅氏の名前を初めて知ったのもこの本だった。幻獣辞典とかつげ義春全集とか、子供の健全な育成には明らかに余計っぽい本をゴロリと家に置いといてくれたオカンには何となく感謝のココロ。

灘の酒チャリティー有料試飲会。

 そんなイベントが今週いっぱい開催中ということで、クソ忙しいさなか無理やり攻めてきましたよ@三宮朝日会館。


 客の半分ぐらいは神戸市役所職員じゃなかろうか、とかオモタ。すぐそこだし。

 今日は寒さも少しゆるんだし、風もなければ雨も降らずと絶好のタイミングだったようで。月曜からスタートしてたようだけど、盛況は本日からかもしれず。イベント自体は金曜まで。