カテゴリー別アーカイブ: お絵描き

0x28歳になりますた。

レッツ千二千ダーンス!
 ふたみちゃんさまは誕生日を迎えましたですよ(もういい)。
 ザンクとニセンセンなんてチップなけりゃ誤差の範囲です。
 そしてやっぱり兄貴もおめ。
 つーか今日会うんですけどね。
 環境はようやく7割方まで復旧。すでに延べ24時間以上掛かってるぞ。
 次の更新は覚え書きついでに復旧手順をダラダラと書き連ねよーかしらん。

実体を見せずに駆け抜ける黒い影。

 美声のオプションが付きましたよ!
 IRCで拝聴した妄想スペックをざっくり反映するとこんな雰囲気でしょうか>SR-71ブラックバードさん
SR71たん
 こうなるとやはり「ライバルで風紀委員で陸上部員なのに毎回ぶっちぎられるMig25フォックスバットさん」も描かんとアカンかなあ。ていうか「我慢してダッシュ」ならもっと必死な表情をハァハァ。
 でも膀胱炎は洒落にならないので我慢しすぎないようにー。
 最近「原寸タブ描き」でアナログ時代のテイストを再現するべく調整中なのだけど、ペンタッチはともかくリキテの塗りがどーやったら出せるのか悩む一方でありますよ隊長。むしろ色鉛筆方向に進むべきか。

ソラってみる。

ソラリゼーションキック 別に誰とも何とも考えず適当に空で描いた髪型が某凸に酷似してるのはきっと偶然。
 新しいペンの設定@OpenCanvasはこうした落書きでは実に気持ちよいのだけれど、塗りの方は相変わらずアナログ絵ほどお気楽になれない。水彩やリキで適当に重ね塗り、みたいなお気軽さ(=体感的なリニアリティとダイナミックレンジの広さ)をいつになったら体感できるのだろう?
 問題はツールじゃなくて自分の方にあるんだろうな、というのは何となくわかる。でも解決法はサパーリ。

ここ数日ずっと。

ダルー こんな感じのダルーが続いているわけで。

 概ねこいつらは相関があって、まず梅雨の停滞低気圧が要因で「昔やった潰瘍の痕が開く」→「消化効率が下がる」→「大腸にも影響」というのが第一段階。その状態が続くと「背中から肩にかけて凝り」が出てきて、悪化すると「偏頭痛になる」って感じ。

 つまり今がいちばん酷い状態で、まさにこの絵みたいなポーズしか取れない。可能ならずっとぬるま湯のなかでたゆたっていたいぐらい。重力に耐えられない。ぐらびてぃーぷるずみーだうんあんだーぐらうんど。

 因みに足は筋肉痛だけじゃなくて、事故った時の古傷が湿気で痛むのも合わせ技。身体はもとにもどらないんだなあ、ということを生まれて初めて理解したのがこれですた。
 大事にしようなー>五体満足な人

妹必死だな。

メイリン・ホーク株、赤丸急上昇中 近隣の盛り上がりようにヤラれたわけではありませんが、先週よりホーク妹の株が急上昇中。
(知らん人へ。今やってるガンダムのネタです)
 私室に押し入られて下着姿見られて風呂上がりに土砂降りの中を引っ張り回されて同僚に銃撃喰らって暫撃喰らって海中で爆発に巻き込まれて、と脇役扱いじゃ報われないほどの仕打ちはこの後の厚遇をゲットするための試練でしょうか。半分ぐらいは能動的にやってますけど。
 正直女性キャラでピンとくるやつ一人もいない(そういう意味ではとてもガンダムらしい)作品だったんですが、ここへ来てちょっと違う見方をしてしまいそうです。やっぱり腐女子とヌルいモデラーだけではだめだと気付いたか>サンライズ
 一応ひざ下ぐらいまで描いたんだけどトリミング。いつかクリンナップする時が来たら、ということで。きっと来ねえけどな。

珍しく続きをやってみる。

 下書きで止まった絵は大抵そのまま放置なのですが。
 よっぽど髪の毛を青に塗ってTシャツは体操服にして眼鏡かけさせてほらUMA、とネタに落としてやろうとも思ったのですが思いとどまり。それやるとルナマリアさんに繋がらなくなるし(描くんか)。
主線とベース塗り終わり。
 なんというか体型にモロ趣味が出ててアレですな。
 ようじたいけい。
 設定とかだとピタTっぽいからもっと線が出るはずだよなあ。
 描いてる分、書く方は進んでません。わーい。
 ネタは一応蓄積してんですけどね>タマ姉SS
 アホなことしてる間にネタが既出化してしまいそうですよ。戦々恐々。

直情型に見えて悩み症のハネ髪。

 十波由真ちゃんさまのことではなくてー。
 そこそこ金持ちなのに皇族がゲリラとかやってるオーブはサウジアラビアかいな、となると潜伏して活動してるバカガリはそのうち公式にお尋ね者となってしまったりして、とかどうでもいいことを考えつつ落書きしてたんだけど主線入れる段階でまた解像度が足りなくてやる気が失せた。
オーブ出奔中のカガリさん。
 やっぱりまともに仕上げようと思うとダイナミックレンジは最低×5ぐらい必要なんだな。PC上での下書きをピクセル等倍でやろうなんてのがそもそもバカでした。
 そのへんやっぱりアナログの柔軟性にはかなわない。思い返せばアナログ絵じゃF10号とか描いてても仕上げには0番面相を使ってたわけで、やっぱり144dpi程度のディスプレイ解像度と高速なアンチエイリアス処理が「お気軽お絵描きにこそ」必要だなあ、と。作業を厭わないのであれば今の環境でも気にならないのだろうけどさ。