カテゴリー別アーカイブ: 覚え書き

21007。

オマエは自分の仕事を全然探す気ないからもったいないぜ
でもパパはね 構わないぜ
オマエは世界で唯一の女 誰にもやらない大事な娘
でもそれをね 言い出せないね

化粧もしないで一生懸命 お小遣いはたいて一生懸命
同人を買う ブルーレイを買う
それでも誰より光ってるんだ 虜になるんだ不思議な電波
パパにも見える ゆんゆん萌える

大変な時代だよね 大変な世の中で
嫁き急がないで へそくりはあるぜ
ママの言うとおりにしてちゃ 感覚が古すぎだ
草食男子は 逃げ去っていくぜ

どこにあるのか幸せ きっと探してないだけ
だってお前 ニート女
今日もお前 ニート女
ああ

購入前には気づかなかったW63Kの真実。

~ 導入 ~

  1. 2010年7月2日にDOSパラで新古品として購入。 SIMロック状態。

  2. 本体価格2,800円。充電スタンド、マニュアル、CD等は完品。

  3. 別途ACアダプタとUSBケーブルが必要。ACは手持ちの共通品がそのまま使える様子。

  4. 購入後、並びのauショップでSIMロッククリア。事務手数料2,100円は翌月引き落とし。

~ 基本操作 ~

  1. キーホールド状態でも着信にはエニーキーでアンサーしたい。

  2. キーホールド状態でもキータッチがあれば数秒ほど画面を表示してほしい(時刻や「ホールド状態であること」の確認のため)。何も反応がないのは少し意外で不便。

~ 文字入力 ~

  1. 行末にカーソルがないと、ツータッチで句読点を打つ術はない?

  2. ツータッチのキーマップが88も80も全角スペースに割り当てられている。無駄すぎるので句読点に振ってくれー。

  3. ツータッチの半角カナモードでは、清音→「*」で濁音・半濁音に変換できない。清音→04あるいは05を入力する必要がある。打鍵が増えるだけでなく、全角モードの操作体系とも異なる困ったちゃん仕様。また、それに関連する仕様だと思うが、ツータッチで単独の「ッ」がどうしても打てない。

  4. ツータッチモードで、ワンタッチ目に打った数字をそのまま確定できない。例えばただ「1」と打ちたい時も「96」と打鍵する必要がある。地味に無駄。

  5. 全角モードでもツータッチだと数字は即確定してしまう。つまり半角数字を打ち込もうと思うと必ず半角ツータッチか数字モードに移行する必要がある。ちなみに「?」や「!」の入力でも全角のまま即確定してしまう。

  6. 改行がメールキーから「#」になったのだが(KCP+と同様)、それにより任意の場所あるいは任意の文字入力モードで改行できないケースが発生するようになった。具体的には半角数字直接入力モードとかで。これまた地味に不便なんだが、代わりにメールキーに割り振られたアンドゥ機能ってどれぐらいの人が使ってるんだろう。

~ 機能・アクセサリ ~

  1. やはり君もメモ帳の表示文字サイズは変えられないか。KCP+じゃないのに。

  2. メモ帳のファイル保存ができない。出納メモや覚え書きを打ち込みまくってる自分としてはかなり困る。メール作成画面からはかろうじて呼び出せるのだが、であれば逆に「メモ帳から添付して新規作成」ができないのも不思議。

  3. なかよしフォルダおよびメール受信箱の一覧で、「フォルダにメールがあるかどうか」がわからない。条件振り分けで使っている場合は大きな問題にならないが、例えばGTD的に手動で整理しているようなケースで「要処理のメールが存在しないこと」が一目でわからないなどの弊害がある。

  4. MicroSDへCメールを保存できない。またそんな昔の仕様を。

  5. データ数の上限がかなり厳しい。スケジュールの上限が100件(前は300件)で、本気で使うとひと月先までが精一杯。アドレスは1,000件あるがアドレス帳グループが20件なので今のグループを再整理しないといけない。データフォルダ、MicroSDともにメールもデータ件数に含まれるようで、済んだやりとりを片っ端からMicroSDにバックアップするという使い方では半年で上限の1,000件を超える。そのくせメールのMicroSD保存はコピーがデフォルトで移動メニューがないなど、リソースの浪費を促す仕様になっている。とても2GBまでのMicroSDを使える機種とは思えない。

  6. アラーム全般でサウンドの鳴動時間が固定されているため(ループは可能)、ちょっと長めの自作着メロはすごく残念な状態に。色々落ち込みつつ「黒電話」で我慢するか、と探したらなんと入っていなかった。本当にミドル&シニア向け機種なのか。

  7. ペタメモは一瞬便利かと思ったが、表示から編集に移行できないという奇っ怪な仕様。KCP+のショートカットに比べても貧弱。

~ 全般 ~

  1. Yes/NoダイアログのUI設計がユニバーサルデザインの基本を押さえていない。アクティブ・非アクティブを同系統の色違いだけで示しているなど。これが例えばW51CAなら、Yes/Noを逆コントラストにした上でアクセスキーを振り、Yesの選択肢を必ず1番目にするなどのポリシーが一貫している。

  2. W63CAよりは随分とマシだが、W51CAよりも勝れていると感じた部分は結局のところデザインだけ。乗り換えはきびしそう。KCP+搭載機でもないのに類似のダメUIが多いのは、ひょっとしてKCP+の一部仕様が京セラ機から継承されているというオチなのだろうか? LISMOにしてもKCP+にしても、CASIOの(完璧とは言わないが無難に練られた)UIを要らん改悪で台無しにしてくれてるよなあ。

~ 結論 ~

  1. 移行あきらめ。W63CA及びBlueToothヘッドセットとともに押し入れ行き。今後何かしらW51CAに多大な支障が発生した場合はW63Kへ乗り換えることになるのだろうけど、当面すなわちW51CAの故障あるいは周波数帯域変更による無能化のいずれか早い方までは現状維持の方向で決定。

  2. でもW51CAの外装だけはなんとかしたいかな。あとバッテリに不安。W63CAのバッテリ購入権と取り替えられると嬉しいのだけど、無理だろうなあ。

XGAへの再対応。

 ブログ(WordPress)のテーマを変えてから1024ピクセル幅ディスプレイでの表示に問題が発生していたのですが、自分の環境では特に気になってなかったという10年前の自分には考えられなかった独善的思考により放置しておりました。つーかあの頃なら出来合のシステムやらスタイルやらを使おうだなんて考えなかっただろね。つくづく堕落したわ。

 外部CSSをさっくり弄ってオシマイかと思ったらこれがまたやらしい構造で。1~3カラム型を統合運用できるようにしてるもんで、CSSではなくPHPテンプレート側の条件分岐でstyleタグを随時挿入という外道ぶり。そもそもブログシステムというものへの原初的嫌悪感はローカルの様々な事情を無視した米粒フォントやtable置換でしかないwitdh固定によるものだったわけで、そういう意味では自分の原理主義的な部分がまるで変化してないことを自覚できてよかったやら悪かったやら。

 ウェブページにはdivやspanやclassやidなんてものが存在しない方が美しいし、それで問題がないようなコンテンツ構成を考えるべきだし、それを用意するのはfontやtableを許容するのと同じ事だといまだ本気で思っているからなあ。

久しぶりに無線LAN環境を構築。

 最初に無線LANを導入したのは大阪から神戸へ戻った1999年、フレッツISDNの契約に合わせたメルコのルータモデルでした。もちろん802.11bで、100BASE-TXが出ていたことを考えると速度的にも(LAN用としては)貧弱なものでしたが、コタツトップに使っていたレッツノートCOMMと母艦の組み合わせには満足していました。外付け拡張バッテリーを調達したこともあり、完全な無線でMP3ライブラリやドキュメントを5~6時間にわたり自由に参照できる環境はスバラシイ、と投資を合理化するのに必死だったとも。

 その後、高松に異動したのとあわせてADSLへ移行。ターミナルアダプタを兼ねていたルータが無用となり、アクセスポイントを導入するも部屋の広さから無線の需要はほぼ消失。神戸へ戻ってきてからも4.5畳での無線はあまりにむなしく、結果復旧させることもなくしばらく無線からは遠ざかっていました。

 というわけで久しぶりの無線。なんですかnドラフトって、という状況の中フレッツ光プレミアムの導入特典で廉価に手に入れたPS3と自室PCにインターネット接続を供給するのが主目標。ついでにキッチンPCも用意してやろうという目論見だったのですが、PS3がAOSSという自動設定ツールでかんたん接続できたのに対し、Thinkpad X40の内蔵無線LANアダプタがなぜか繋がらない。

 ネットでガシガシ調べて見るも、出てくるのは症状ばかりでしかとした解決方法がみあたらず。二週間ほど悪戦苦闘したところでイヤになりルータとペアになるPCカード型アダプタを調達したところ一瞬にして解決。微妙な敗北感はあるけれど、なんかカードが格好いいからよかったことにしようかな、という近況。

 これで嫁さんにつきあってバラエティの録画を見てるふりしながらIRCとか完璧ですよ(えー

日本語組版処理の要件(日本語版)

 なんか面白そうなものが出てた。

1.1 このドキュメントの目的

すべての文化集団は,独自の言語,文字,書記システムを持つ.それゆえ,個々の書記システムをサイバースペースに移転することは,文化的資産の継承という意味で,情報通信技術にとって非常に重要な責務といえよう.

この責務を実現するための基礎的な作業として,このドキュメントでは,日本語という書記システムにおける組版上の問題点をまとめた.具体的な解決策を提示することではなく,要望事項の説明をすることにした.それは,実装レベルの問題を考える前提条件をまず明確にすることが重要であると考えたからある.

 そのうちMicrosoft Jパブリッシャーとか出るんだろうか。
 G-Crewの初版が出たときは期待したなあとか、大地はサイフの都合で買えなかったなあとか、イラストレーターで組み版って地獄だったよなあとか、最近の一太郎はどうなんだろうなあとか。色々思う。

松本清張。

 合意形成をピンポイントの一点突破でよしとせず、アレもコレもと欲張るのはここ数年の悪癖かもしれないなあ……なんてことを今さらながらに思う節目の年。

 客先に常駐することで(自らのそれとは異なる)顧客の時間軸を目の当たりし、平面同士の向かい合いに終始していた協議や折衝が立体感を持ってきた今、かつて点で妥協していたものを線にし、あわよくば(3点支持の)面にしていきたいという欲求自体は自然なものだろう。

 しかし三点支持は逃げ場所がない。身体をよじってやりすごす、あるいは顔をそむける余裕すら相手から奪う。4次元宇宙の住民ならざる我々としては、妥協するにも線あたりが穏当なのか、などと自らをクールダウンしてみるテスト。そもそも違う組織の人間同士なんだしね。そのへん、長いこと一緒にいるとお互い勘違いするようになるさ。

 ところで妥協線とか妥協面という言葉を、妥協点と同じ意味で使うケースが増えておりますかね? 上の意味合いで使ってるケースはググっても一件しか見つかんなかったー。

第一次リストア終了。

旧バナー インフルお気をつけて(挨拶)。超地元民のふたみです。沿線じゃないけどきっと既に曝されてはいるのだろうなあ。

 旧日記の一部を復帰しました。どれぐらい一部かというと:

  1. 1998年1月から2005年7月までのテキストと画像
  2. 2005年7月から2007年2月までのテキストと画像の一部
  3. 2007年2月以降の一部テキスト(202エントリ中の103)

 GoogleとYahoo!のキャッシュはすべて浚いました。InternetArchiveからは2の画像を徐々にサルベージしているところです。もちろん加工前の画像は手元に残っていますが、サムネイルを再生成するのが死ぬほど面倒なのでキャッシュ待ち。WayBackMachineのキャッシュ化に半年タイムラグがあるなんて初めて知ったわさ。まだ希望は捨てないでおこう。

 なお、SSやらの旧コンテンツはほぼ手元にあります。それを復帰させるのか、するにしてもどうやるのかは考え中。日記も旧URLでアクセスがあったときにリダイレクトするかどうか随分なやんだ。どうせコメントやトラックバックも跳んじゃったからいいや、とか思ってはいたんですがー。

リストアの見込み。

古ロゴ 1998年1月15日から2005年3月31日までのログはa-Newsの静的HTMLで全1938エントリー及び添付画像が残っている。小説イラスト写メール日記、古いコンテンツに関しては画像含めて全て手元にオリジナルのデータが存在する。

 sbのログは2005年4月1日から2007年2月12日までの971エントリーがテキストのCGI出力のみ保存してあった。つまり2007年2月21日から2009年3月28日までの202エントリーでオリジナルが存在しない。そのうち65エントリーはGoogleとYahoo!とInternet Archiveのキャッシュからサルベージできており、さらに幾つかの画像もInternet Archiveから復帰できそうである。

 はてさて、この中途半端な状態で復帰に手を付けるべきかどうか。「リフレッシュにちょうどいいでしょ」とか「何かあって過去の清算に走ったか」とか言われるのも癪なので、他のサイトはともかくここに関しては元に戻していきたいのだが、コンバートの手間も半端でない。そして画像含めて完全復帰にはほど遠い。そもそも自分以外にとっての重要性はかなり低いわけで、手元でデータベース化だけしておけばいいという話もある。無理に現行のツールのフォーマットへ合わせる必要はない。うーむ。

 ちなみにXREAの応対は「データの残骸をダウンロードしたいという要望は承りました。できるかどうかの回答はいたしません。状況を確認いただき、30日後までに対応されていなければ無理だったとご理解ください(意訳)」というスバラシイものでありました。腹立たしさは早々に通り過ぎてしまったけれど、微妙な淋しさはジワジワとやってきますなあ。