繋がってました。

 日中の排他的経済水域(EEZ)中間線付近でのガス田開発に関する「日本側」の調査結果がようやく。

春暁と断橋では日本側で東西方向と南北方向に走る複数の断層が確認された。これが、中国側から日本側へのガスなどの移動を遮っている可能性も否定できないという。探査船での調査は来月に終える見通し。

 ようやく、と書いたが政府のやることとしては予想外に早い仕事だったような気もする。ただ中国側の作業はもう始まっているわけで、問題はこれからの対処。
 経緯はまとめサイトにて。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする