2001年4月16日(月)の○と×

参拾萬打

でんでん更新されない我がサイトへの、変わらぬご支持に感謝いたしまする。
感謝する暇があったら書けという声もちらほら聞こえてきたり。

失われたもの

──口笛を練習している──
中学の頃。
アリスの「限りなき挑戦」ライブアルバムの中でチンペイこと谷村新司『実はぼく、口笛吹けません』と告白し、それでも頑張って大観衆の前で「未青年」のメロディーをヒューヒュー空鳴りさせるのを聴きつつ腹を抱えて笑った私。
人間として備えておくべき最低のスキルのひとつであるそれが、あろうことか自分にも出来なくなっていることに気付いたのは確か今の会社に入ってからだと思う。
以来、思い出すたびにヒューヒュー言わせているのだが、悲しいかな私の口笛は一向に復活の気配を見せない。今さら口笛吹けんでも死なへんなどと言い出すわけにもいかず、いつか人前で口笛を吹かなければならない状況に陥ったら一体どうすれバインダーと戦々恐々な日々を重ねるのであった(やや誇張)。
あなた、口笛吹けますか?
ひょー。ふひゅー。

今日の○

昨日の日曜日、前から気になっていたテンパルテンピュール®枕を購入した。
高密度温度感知製ヴィスコヱラスティックポリウレタンフォーム(≒高温で柔らかく低温で硬い目の詰まった発泡ウレタン)製で、荷重を分散させる性質があるらしい。
存在自体は前から知っていたのだが、ここ数年繰り返している〔潰瘍再発〕→〔寝相悪化〕→〔首筋の炎症〕の悪循環をお手軽に解消できまいか、と購入を決意。
なお、お値段の方はSサイズで1万1,000円也。10万円近く出して家族全員に無圧ふとんを奮発したTarzan系姉夫婦をちょっとだけ笑えなくなった。しかもあっちは(暗示かも知れぬが)とりあえず効果が出ているようだし。
ちなみに他のメーカーで似たようなコンセプトの安物もあったのだが、明らかに感触が異なるため効能もそれなりであろうと判断。元々私の場合、この手のキワモノ系を買うときは「高くてもオリジナルを買え」というのが持論だったりするのだ。
んで、一日使った結論が「……さあ?(汗)」
確かに昨日は熟睡できた。朝起きたとき特段首が痛いということもなかった。しかし熟睡できたのは前日にしっかり寝てないだけかも知れないし、年がら年中首が痛くてしょうがないわけでもない。暗示にかかっている可能性も否定できる材料はない。
というわけで、しばらく経ってからまたインプレ予定。
乞うご期待(する人おるか?)。

今日のX

ふと思い立ってWorkPadにMelody Editorを入れてみる。着メロ感覚の打ち込みができるPalmWareである。ついでにスクリーンキーボードのMelody DAを、一旦消したEvPlugBase+DAランチャーと共にインストール。Cruise Controlはややサイズが抑えられるClockUpDAに入れ替え。
ううっ、Haut-MeDocとThumbMailを消す時代がやってきてしまったか? 最早このまま新CLIEへ向けて転がり落ちる一方のよーな気が。
(なおソフトは基本的にすべてムッチーコムにて入手)

Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする