アーカイブ

オンラインでPDF化というと。

 やはり本家のCreate Adobe PDF Onlineを思い出すわけだが、北米カナダのみのサービスということもあり今ひとつ知名度(利用率?)が低い。今では日本語対応のサービスもあるようだが、廉価なPDFメイカーのリリースラッシュが続いた後ではローカルユースの代替にはなりにくそう。
 そこへこんなの。

HTML2PDF.BIZでは,URLを入力するだけでHTMLがPDFに変換され,ダウンロードできる。WebサービスAPIから使用する場合は,以下のように指定する。
http://html2pdf.biz/api?url=[PDF化するWebサイトのURL]&ret=[返却形式]

 つまり閲覧用とは別の(たとえば分割せずにベタうちしてある)HTMLと(例えば縦書きやページ区切りを入れた)スタイルシートを指定してPDF生成できるわけですかな。
 これなら印刷版下としてのPDFをテンポラリに扱うことができるわけで、例えば小説などの長文を公開しているサイトなどで導入が進んだりするのだろうか。でも大多数の人間にとっては「Wordに貼り付け→ローカルでPDF化→アップロード」の方が楽そうだよな。個人的には段組や縦書きに対応してくれるなら使いそうな気もするけど、使ってみんことにはわからんし(<試せよ)。
 気が向いたら「このページをPDFとして開く」とか「このページを指定CSSでPDFとして開く」みたいな右クリック拡張(MenuExt)やBookmarkletなんかを作ってみますかね。

現在アクセスが集中し、PDFが生成しづらい状態が続いています。ご容赦の程、よろしくお願いいたします。

 さいですか……。

関連記事:

Pocket

Sidebar