最近の通勤経路。

まるで車ならすぐ着きそうにも見えるが、中国道使っても楽勝で1時間かかるさ。

もう一方の事務所も自宅から3市町はさむけど、時間半分本数5倍だからなー。明日はしばらくぶりに18きっぷを使わないですむ。朝も1時間半は遅い。ゆっくり!

新世紀ときメロ伝説その4。

Love Executeあなたを愛す私を愛す
Color
“Love Execute” [2001]

 ハマったのはBuzy版なのでどこに入れるか悩みましたが、オリジナルに敬意を表して2001年の2ndアルバムから。声もアレンジも随分と違うのでどーよとは思いますが。

 iTSどっちも置いてない ( ´・ω・`)
 仕方ないのでセブンネットショッピングのBuzy版試聴コーナーにリンク。

 Buzy版のフルアルバムでもポルノグラフィティ絡みでネタになりますが、もともとの彼らが昭和50年代の歌謡曲的な(もっとストレートにいうならニューミュージック的な)音づくりを得意としていることもあり、アラフォー越えな我々の世代にはとても受け入れやすい楽曲揃いでした。Buzy自体も70~80年代の、「一応は歌を聴かせるのが前提の」アイドルグループを思い起こさせる存在であったような気がします。そう考えるとこの時代に長続きしなかったのも当然なのですかねえ……。

“新世紀ときメロ伝説その4。” の続きを読む

新世紀ときメロ伝説その3。

4Flusherかわりになってよ Kawarini
スガシカオ
“4Flusher” [2000]

 たて続けに日本人で。

 わりとどっぷり洋楽に浸かっていた20歳代を終えたところで、「邦楽も意外にいいのあるじゃないか」と振り返るきっかけを持てたのは同い年であるスガッチのおかげ。

 実際アルバムを手に取るにまで至った理由は、夜中の3時に職場のラジオで流れた「夜明けまえ」が素晴らしかったからじゃない。「バブル崩壊したこの時代に脱サラ→齢30にしてプロデビューという(晩成型の多いヒノエウマ野郎の中でもとびきりの)異色なプロフィール」が小気味よかったから。同じ時期に「何もかもをあきらめようと努力」しながら、そのあまりのバカバカしさに嫌気が差し始めていた自分との相違と類似を確かめたかった、というのもある。

“新世紀ときメロ伝説その3。” の続きを読む