ハガレン映画みる。

 ガラガラ。でもちゃんと(?)腐女子いたよー。

ロイ・マスタング(焔の錬金術師)発行『鋼の錬金術師~シャンバラを往く者~』劇場入場証明書 神戸国際松竹


 アバンタイトルとオープニングだけでそこそこおなかいっぱいになってたりするのはナイショ。つーか端からテレビ版なみのクオリティであれば文句は言うまい、みたいなところがあったので。話も第1および3・4クールを跳ばし跳ばしに見てるだけだから、TVシリーズの最後に繋がってることだけわかればそれでいいのさー。
 ただ、ハガレンでずっといいなーと思っていた「力み(動きのデフォルメ)を抜いたポージングやアクションをプレーンなデザインで見せる」部分はそれほど多くなかったかも。そこだけ少し残念。
 でも変な方向に頑張っちゃうと「コナンだ」「ナウシカだ」「ラピュタだ」とか勘違いしたツッコミが入りそうな設定だったからそれはそれでいいのかな、などと歪んだ見方をしてみるテスト。
 ちなみにロイはオマケ状態ですた( ´・ω・`)

Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする