死角。

Swirl360Blindside
SWIRL 360
California Blur [2005]

 中だるみしそうに思えた六曲め。
 横ノリでファニーな曲調がアクセントになってて単に聴いてても楽しいけれど、これまでの流れからしてそろそろ特定の「らばふぇあー」が語られるに違いない、との確信から(外タレスキーのミーハー少女か>わし)歌詞カードをつらつら。
 果たしてそこにはEXTREMETragic Comicさながらにベタな展開が。

気付かなかったけど
君はずっとそこにいたんだ 僕の死角に
彼女はフリマの売れ残り
彼女はいつだって蚊帳の外
そこにいることも忘れられてる
ひっそりと足下で咲く花のよう
僕がよそ見をしたときだけ視界に入ってくる

 まあここで語られているのは特定の女性じゃなく「浮かれてる時には気付かない平凡だけど大事なアレコレ」なのかもしれませんが、それじゃツマランしね。脳を少女マンガモードにして楽しむのが正しいスタンスだと思います。きゃー。デニー抱いてー。
III Sides to Every Story (Jewel Box)

関連記事:

Pocket