世紀末微懐メロ伝説その5。

Razor's Edge - AC/DCThunderstruck
AC/DC
“The Razor’s Edge” [1990]

         _, ,_ ∩
      ( `Д´)彡 さん・だー! さん・だー!
      (  ⊂彡
       |   |
       し ⌒J

 三田屋のコマーシャルじゃないよ。

 ロックではちょっと侮れない豪州、その重鎮AC/DCがメタル全般に落ち込み気味だったこの時期にゴツンと一発スマッシュヒット。でもやってることはいつもと変わらんかったりする。だってAC/DCだし。

 全編を通して耳に残る特徴的なリフはBack in Blackと並んでAUSTRALIAN MUSICIAN誌の読者投票トップ10に入るほどだが、この曲に関してはアンガスよりマルコムのギターがいい味出してると思う。そしてなによりハゲじゃないクリスの太鼓。PV内のヘドバンが2秒で感染するのもこのバスドラあってこそじゃなかろうか。

 とにかくライブ映像PVを見ないことには始まらんような気もする。特にPVは「ザ・ホッテスト・ロック・ヴィディオ」の称号を与えてしまっても良いのではなかろーかと。

Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする